絵本を楽しみながら思いっきりアートしよう!それが「ゆるぐ」の活動です。http://www.kodomo-net.jp/yurugu.htm


by ehon-yurugu
安佐南の会場はいつもより少ない人数でした。

お友だちとの関わりが増えたり、笑顔が多く見られたり、少しずつ慣れてきたかな。

c0151470_22451244.jpg



鼻歌が聞こえてきたり、静かに黙々と描く姿が見られたり。

c0151470_22481227.jpg



それぞれが自分のペースで楽しんでいたかな、と思いました。どうですか?
c0151470_23284068.jpg


安佐南会場 ふじた
# by ehon-yurugu | 2010-06-27 23:36 | ゆるぐの活動

ケータイ

6月13日に紹介した、ケータイについての学習交流会がありました。
色々な現状を知ると怖い面も沢山ありましたが、かといって禁止して
ケータイデビューを先延ばしすればいいというものでもないなと思いました。

ゲームやケータイなど、避けては通れない問題なので
それぞれの家庭でのルールを親子でよく話し合わなければならないのでしょうね。


きょう、印象に残ったのは
・大人とこどものコミュニケーションがあるうちにケータイデビューさせる
・保護者が子どもと一緒に楽しむ
・特定の価値観・社会観に偏らないように、マスメディア(ケータイなどはパーソナルメディア)にも同じ程度触れさせる
・監視ではなく見守り
・トラブルを回避する能力を身に付ける
・社会性を育む
などでした。

ゆるぐの保護者の方も来られていましたが、親子で話し合うきっかけになればいいと思います。(S)
# by ehon-yurugu | 2010-06-26 19:47 | おしゃべり

奥能登旅行にて

母のおともで旅行に行ってきました。
母と二人きりの旅行は、結婚して以来です。

行っている間に気付いたこと。
母のことを思わず娘の名前で呼びそうになったこと。
頼るべき母が守る存在になりつつあるせいなのか、
守るはずの娘が頼るべき存在になりつつあるからなのか、
娘に言わせれば、単に私のボケが進行したせいらしいのですが・・・

ところで輪島の朝市で、筍の漬物なるものを発見。
これは珍しいと買って帰って食べてびっくり!
普通のしば漬けを思って口にしたのですが、
しょっぱいすっぱい、心臓が止まるかと思いました。
1センチ角位に小さく切ってみましたが、それでも家族はこれはすごい!と。
うめぼしだって最近じゃあここまでしょっぱくないと思うんですが。
同じ朝市で買った河豚の干物もこれまた塩辛い。
塩鮭なみです。河豚の味がわからない・・・
これが北陸の味なんですかねえ。

旅の帰り道、名古屋付近のサービスエリアに併設されていたコンビニで
インスタントの味噌煮込みうどんを発見。
これも見た目は恐ろしくからそうでしたが、食べてみると意外やマイルド。
なかなかおいしかったです。

旅のお土産は、観光地の名物よりも、
スーパーマーケットやなければコンビニで
珍しそうなものを見つけるのが好きなんです。
面白いですよ。
# by ehon-yurugu | 2010-06-26 00:05 | おしゃべり

c0151470_17132136.jpg

やっと梅雨らしく、朝から雨です。庭の紫陽花も雨が似合います。

雨の本を1冊ご紹介します。ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、雨といえばピーター・スピアの「雨、あめ」でしょうか。字はないのですが、子ども達の楽しそうな様子は「わかる、わかる」と思わず笑顔になります。(S)
# by ehon-yurugu | 2010-06-25 17:13 | 絵本の紹介

長さん

ワールドカップのデンマーク戦を「ヤッター」と見終え、朝食を食べてもまだこんな時間。
きょうはゆっくり新聞をと広げ、参院選、元力士逮捕。天声人語は?あ、長新太さんのことだ。

絵本作家の長新太さんが亡くなって、きょうで5年になる。〜正義や優しさを説くこともなく、作品はオトナの常識を粉砕していく。
確かに、超常識人の私は最初「???」という感じでした。
子ども達が喜ぶ姿をみて、私は頭も心も固いんだろうなぁと、何だか劣等感というかさびしさというようなものを感じました。
そんな私でも「キャベツくん」「へんてこライオン」などは楽しんで読んでます。(s)

キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)

長 新太 / 文研出版

どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん)

長 新太 / 小学館


# by ehon-yurugu | 2010-06-25 07:51 | 絵本の紹介