絵本を楽しみながら思いっきりアートしよう!それが「ゆるぐ」の活動です。http://www.kodomo-net.jp/yurugu.htm


by ehon-yurugu
c0151470_14194257.jpg


c0151470_14213634.jpg


c0151470_1428037.jpg

すきなところを切り取って
c0151470_14285078.jpg


c0151470_14331142.jpg
# by ehon-yurugu | 2010-06-13 20:17 | ゆるぐの活動

ボディペイント?

 
c0151470_1774423.jpg




c0151470_176153.jpg




c0151470_1781515.jpg
# by ehon-yurugu | 2010-06-13 17:08 | ゆるぐの活動

ケータイ

きょうは、携帯電話のセミナーのお知らせがてら、携帯や、ゲームの話をしましたが、皆さんどうしたらいいか迷っていらっしゃいますね。

子どもコミュニティネットでは
「子どもとケータイ」についてのセミナーを行うことにしました。上手にケータイとつきあうにはどうしたらいいか、知識を持って子どもと話す、いっしょに考えるきっかけになればと思います。興味のある方、どなたでもOKです。ぜひご参加ください。
日時:6月26日(土)13:30~16:00
場所:広島市市民まちづくり交流プラザ 5F 研修室
内容:
①13:30~14:00
  「子育て・子育ち環境変化検証調査」の報告
子どもコミュニティネットひろしま 小笠原
②14:00~15:00
  「県内の小・中・高校生の携帯使用の実態について 調査から見えてくるもの」
              広島大学産学・地域連携センター准教授  匹田 篤先生  
③15:00~16:00
  「子どもの携帯活用についての問題点、親の学び」
               広島市電子メディアインストラクター  重富 寛さん
 それぞれに質疑応答行います。

参加費:無料
託児体制は取れません。一緒に来られてもOKです。(s)
# by ehon-yurugu | 2010-06-13 17:03 | お知らせ

おはなしかい

昨日、はつかち市民図書館のおはなしかいをしてきました。
年に1・2回、参加しています。

昨日の隠しテーマは 仲良し。

おとなりさん             高畑 純 絵  きしら まゆこ 文
 
ねえほんとにたすけてくれる?     平田 景 絵  平田 昌広 文

きみがしらないひみつの三人      ヘルメ・ハイネ 作

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ  五味 太郎  作

ともだちはここにいるよ        桑原 伸之 作

それから、読み聞かせにはむかない、一人でじっくり読んでほしい本を紹介しました。
本を探していると、ときどきこういう、楽しい本に出会います。
いわゆるゲームブックみたいなかんじなんですが、絵もきれいで、おはなしもたのしめるおすすめです

シモンのおとしもの       ハーバラ・マクリントック 作
 学校の帰り道、弟がひとつずつ持ってるものを落としてしまいます。各ページのどこかにそのおとしものがあるんですが・・・ちょっと昔のパリの街並みや家の内装がいい感じです。

ゆきだるまはよるがすき     マーク・ビーナー 絵  キャラリン・ビーナー 文
 雪だるまの一夜のお話。各ページにウサギやサンタやティラノザウルスなどがかくれていますが、けっこう探し出すのがむつかしいですよ。

フェアリーショッピング     サリー・ガードナー 作
 ハリー・ポッターのダイアゴン横町みたいにふしぎな商店街のお話です。いろんなふしぎな生き物やハンプティダンプティみたいな知ってる妖精(?)がいて、お店の文字も楽しいです。

おねえちゃんは、どこ?     スヴェン・ノルドクヴェスト 作
 ネズミの弟が気球に乗ってお姉ちゃんを探しに行く話。行く先々がこわいような面白いようなとても変った世界です。
# by ehon-yurugu | 2010-06-13 14:58 | 絵本の紹介

いのちをいただく


この本は、肉の解体業をしているお父さんの話です。

毎日命に向き合っている仕事です。

私たちが食べているほとんどのものは、
誰かが大切に育て、誰かが最後をみとってくださったものです。
そのことを、もう一度再確認させてくれる、
そして思わず、ありがとうございましたと泣けてしまって
片手で持てなくなる本です。

いのちをいただく
内田美智子 文  諸江和美 絵  佐藤剛史  監修
西日本新聞社
# by ehon-yurugu | 2010-06-10 12:19 | 絵本の紹介