絵本を楽しみながら思いっきりアートしよう!それが「ゆるぐ」の活動です。http://www.kodomo-net.jp/yurugu.htm


by ehon-yurugu

カテゴリ:おしゃべり( 91 )

「たまゆら」の竹原

26日に竹原に行ってきました。
8月に行ったばかりだというのにまた?なんですが、
この数カ月の間に変化があったみたいで・・・

セーラームーンやケロロ軍曹などのアニメをつくった佐藤順一監督さん(私でも知っているアニメをたくさんつくってらっしゃいます)が竹原を舞台に「たまゆら」というアニメを作られたそうで、9日だか10日だかにはそのアニメのイベントがあって、それはそれは盛り上がったそうです。(竹原市内の宿泊施設はいっぱいで、広島に泊まって竹原に行った人もいたようです)
当日出かけていたうちの息子によりますと、アニメにでてくる場所はどこも写真を撮る人が集まって、ちゃんとした写真はとれなかったとか。
声優さんが来ていたお寺には、入れない人が門の外の石段に座って、漏れ聞こえる音に耳をすませていたという話も聞きました。

26日は平日で静かでしたが、それでも、23日に道の駅ができたそうで、観光バスがきていて、おじさまおばさまたちが町を歩いていましたし、「たまゆら」グッズをみている男の子もちらほらいました。
8月にはなかったのに、あちこちが「たまゆら」で、(市役所にも大きな「たまゆら」の絵を使った看板が。)「たまゆら」のビデオを見せてくれる場所にあったノートには、(声優さんの書き込みもありました)ずいぶん遠くから来た人の書きこみもあり、23・24の土日の日付ではかなりの人の書き込みがあったので、沢山人が来ていたんじゃないでしょうか。

アニメの力のおそろしさを身近に感じてしまった竹原でした。(N)
by ehon-yurugu | 2010-10-30 16:32 | おしゃべり

「怖い絵」

前々から気になっていた本です。
1.2.3と出ていますが、今回は1.2だけ買いました。

有名な絵の解説本と言えばそうなんですが、書いている人が美術関係の人ではなくて、
歴史関係の人だったんです。(読み終わって知りました。)
なので、絵がどうのこうのじゃなくてその時代背景とか教えてもらえました。

前にドガの絵を美術館で見たとき、解説に書いてあったのと同じことが本に載っていたので、
出所はこの本か・・・?とおかしかったです。
ちなみにその時書いてあったことは、「ドガの時代、バレリーナは娼婦のようなもので、踊子の絵の中にいる黒服の男は、観客ではなくパトロンである。」云々

他にもムンクは精神病院に入って狂気が収まるとともに凡庸な絵しか描けなくなったとか、
中世の時代、絵画は特権階級のものだったから、教会の祭壇画が見られるということがどんなに人々に救済を与えるものだったかとか、
興味深いお話ばかりでしたよ。(N)
by ehon-yurugu | 2010-10-25 03:19 | おしゃべり

宝の森大作戦

10月は年度初めにお知らせした「音を形に」の内容を変えたため、読む本も「きこえる、きこえる」(作アン・ランド 絵ポール・ランド)から変更します。廿日市は星をテーマ、観音・西区民はパズルでした。
安佐南は「宝の森大作戦」ですから、森の本だと、「森の絵本」「そのつもり」「もりのかくれんぼう」「森のイスくん」「もりのなか」「またもりへ」などなど、「たからさがし」もいいかも。活動の中でヒントの手紙も書く予定なので、手紙の本でも…なんて、まだ迷ってます。あさってなのに。
さあ、何になるか当日のお楽しみ!!!
文化学園大学の許可も頂きましたので、中庭のステージを森に変えちゃいましょう。
11月の大学祭の準備で大学生のお兄さんお姉さんもいるかも。

お天気がちょっと心配ですが、雨でも屋根のあるところを使ってやります。

森の絵本 (講談社の創作絵本)

長田 弘 / 講談社



森のイスくん

森のイスくん

石井 聖岳 / ゴブリン書房



もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

マリー・ホール・エッツ / 福音館書店


by ehon-yurugu | 2010-10-22 16:59 | おしゃべり

藤本ひとみの本

ここのところ、本をまとめて読んでいます。
でもって、藤本ひとみさんの本をたてつづけに3冊読んだら、
フランス革命前後の流れが見えてきました。
当時の貴族の考え方や庶民の生活も。

塩野七生さんの本をつづけて読んだときは
イタリアルネッサンスの頃が少し見えてきました。

日本の時代小説も気まぐれに選んで読んでいますが、
これまたその時その時の社会情勢なんかが見えてきておもしろいものです。

もちろん小説なので創作の部分が多いでしょうが、
歴史の流れは変えられないので、
同じ時代の違う作家の本を読むと、なるほど見方が変わるとこうも違うかと感心したりします。

しかし作家さんの勉強量って半端ないものだなあと
どんな本も読むたびに驚きます・・・
by ehon-yurugu | 2010-10-16 15:00 | おしゃべり

犬島

9月末に、転勤で14年前まで住んでいた高松の友人から「○○先生(子ども達の幼稚園の先生)にばったり会って、県立東山魁夷せとうち美術館に、【千住博 青の世界 -東山魁夷からの響き-】
を観に行く事になったんだけど、行かない?」と電話があった。まるで14年前と同じように、すぐ近所に住んでいるかのような誘いに嬉しかったり、おかしかったりでしたが、急なことだったので行かれませんでした。
色々おしゃべりした中で、犬島がいいから行ってごらんと言われたので、電話を切ったあと、すぐに犬島を調べたのですが、確かに、ちょっと不思議な雰囲気で、一度行ってみたいと思わせるところでした。
しかし、ベネッセはいろいろやりますね~。

http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/

http://www.benesse-artsite.jp/seirensho/index.html
by ehon-yurugu | 2010-10-15 22:00 | おしゃべり

世界遺産  宮島2

宮島は、小さい頃は遠足や海水浴で、高校生の時はマラソンで(学校行事でわざわざ海を渡って、1、2生全員。この行事は今でも続いていて、我が子も高校のときに走りました)。夏には水中花火を見にきましたが、皆さんが歩く、表参道から一本はいった町家通りに来るのは、きょうでまだ2回目です。

c0151470_16241726.jpg

この石段を登ると、千畳閣



c0151470_1626952.jpg

CAFE 「伊都岐」 JAZZの流れる素敵なお店でした。コーヒーもおいしいです。


宮島では、本日10月15日は、嚴島神社 高舞台で
午後5時から

菊花祭[きっかさい] =舞楽奉奏=(祭典後,舞楽が十曲奉奏されます)
が行われるそうですが、私は5時から、ヒコーキ大会の準備のため市民センターに行かなくてはならないので


c0151470_16282619.jpg

宮島に別れを告げ

c0151470_1631930.jpg

電車で帰途に就きました
by ehon-yurugu | 2010-10-15 16:38 | おしゃべり

世界遺産 宮島

c0151470_1417055.jpg

c0151470_1417020.jpg

c0151470_1417097.jpg

宮島口から船で10分くらいで、宮島に到着。

夏にアートキャンプのお手伝いできましたが、プライベートで来るのは、10年ぶりくらいでしょうか。

修学旅行生がいっぱいいます。
by ehon-yurugu | 2010-10-15 14:17 | おしゃべり
きょう美容院でLEEをよんでいたら、
ちょっと前に紹介した金沢21世紀美術館のかわいいうさぎの耳のようなイスが掲載されていました。
ラビットチェアというらしいのですが、なんとマルニ木工の家具でした。

マルニ木工は、私の住む廿日市市に古くからある家具の会社で、我が家の食卓やチェストもマルニ木工という、とても馴染みのある会社なので、ちょっとびっくりしました。
by ehon-yurugu | 2010-10-12 14:28 | おしゃべり

天地明察

2010年本屋大賞をとった本です。
作者の うぶかたとう(うぶ の字がパソコンに出てこないー)さん は結構ハンサムです。
まあ、それはいいか・・・
ゲームやアニメの世界でお仕事をしながら、小説を書いてSF大賞も取ったことのある人ですが、この本は時代小説。
でも、読後は時代小説を読んだというよりは、現代小説を読んだ感じです。
結構太い本ですけど、するするといけましたよ。

政治、数学、歴史、囲碁、神道、天文学、経済、教育・・・これらすべてが網羅されたお話です。
暦とはこんなに大切なのかとはじめて知りました。今年のカレンダーは絶対旧暦がのったのにしようと思ってます。

ところで、この本は娘が学校から借りてきました。
市内の図書館ではなかなか順番が回ってこない本も、学校だと比較的借りやすいですよ。
読みたい本は子ども達に頼んでみてはいかがですか。その本があってももなくても子どもが図書室に行くチャンスは増えるし、親の私達は動かなくても本が手元にくるし、一石二鳥です。(N)
by ehon-yurugu | 2010-10-08 19:08 | おしゃべり

パズル制作

今月のゆるぐは、会場によって内容を変えています。

今週の観音は大きなパズルを使って、宝探しをします。その為のパズルを製作しました。
先週飯尾先生に絵を描いてもらったので、きょうはスタッフでそれをピースにしました。
前、右、左、後の4面あります。試しにやってみましたが結構難しかった。
当日は子ども達が色を塗る予定です。塗らないほうが難しいんだけど。

今回は内容を急遽変更したので、スタッフが準備しましたが、パズル作りは楽しそうなので、次にやるときは子ども達が絵を描いてパズルを作りたいですね。
4面中2面お見せします。あと2面は当日に!
c0151470_1892845.jpg

c0151470_1810621.jpg

当たり前ですが、右と左からみた絵は違うのです。ねずみがいない!と思ってしまった私。情けない。
飯尾先生さらさらと描かれてすごい!(S)
by ehon-yurugu | 2010-10-08 18:15 | おしゃべり